絵師になる下準備

初心者でも簡単にできる!1週間で確実にイラストが上手くなる練習法

もっと簡単に確実に上手くなるコツってないの?

  • もっと簡単に上手くなりたい
  • でも難しい専門的な勉強や練習はしたくない
  • 色々試したけど、イマイチ上手くなった実感が無い

イラストを上手く描けるようになりたいけど、自分の時間をあまり割きたくない。

Youtubeも見たいし、ツイッターもしたい、漫画も読みたいし、アニメも見たい

ゲームもしたい、やりたいことはたくさんある。

あまり「イラストの練習」に時間を使いたくない。

でも上手くなりたい。

簡単な方法はいろいろ試したけど、イマイチ上手くなっている気がしない。

短時間で、簡単に、確実に上手くなる。

そんな効率的な練習法を紹介します。

是非参考にして下さい。

 

たくさん描く!毎日描く!繰り返し描く!大切なのは「反復練習」です。

もうこれに尽きます。

たくさん描きましょう。

毎日描きましょう。

描くことでしか、描く能力は鍛えられません。

そして、大切なのは「反復練習」です。

”同じこと”を、”繰り返し”練習することに意味があります。

毎日違うことを練習してもなかなか上手くなりません。

1回練習したことと、10回練習したこと

どちらが上手くできるか、わかりますよね?

1回目なんて内容を理解することで頭がいっぱいのはずです。

10回目ならやり方を覚えて、頑張る点、注意する点も理解できているでしょう。

回数に違いはあれど、人が何かのスキルを身につけるときは

同じことを繰り返し練習して上手くなっていきます。

言ってしまえば「質より量です。

 

「でも、練習の「質」も大切じゃないの?」

と思ったかもしれません。

確かに「質」は気になりますよね。

上級テクニックを駆使して描くほうが上手くなれる気がします。

 

確かに「質」も大切です。

まだ出来ないことに挑戦しない限り上手くはなりません。

でも、もっと大切なのは「反復練習」です。

 

たとえ練習の「質」が高くても

何度も繰り返してできないレベルなら逆効果です。

1回の練習がキツすぎて何回もやりたくない!という状態ですね。

例えば、あなたがイラストを1枚描くのに1週間かかるとします。

1ヶ月に4枚描けるので、あなたが成長できる回数は3回です。

でも1週間もかけて描くのって疲れますよね?

1枚描いたら休憩したくなります。頑張った自分にご褒美を上げましょう。

月に3枚描けたら十分でしょう。

あなが成長できる回数は2回です。

 

たった2回分の成長では、あなたは上達を実感できないでしょう。

「1ヶ月描いてたけど、あんまり上手くならないなぁ・・・」と感じるのはこの為です。

時間に対して作品数が少ないのが原因ですね。

 

でもこれが1日に1枚描ける程度のイラストだったらどうでしょうか?

1ヶ月で30枚です。

あなたが成長できる回数は29回です。

1日描いて、1日休んでを交互に繰り返しても月に15枚です。

あなたが成長できる回数は14回です。

 

1ヶ月経ったころにはあなたは確実に上達を実感しているはずです。

きっと人に自慢したくなるでしょう。

「上手いね」と褒められたら

「毎日描いてるからね!」と自信満々に言っちゃうかもしれません。

 

「質」は確かに大切ですが、「量」をこなせない「質」では上達は望めません。

「量」をこなせるレベルまで「質」をセーブすることがポイントです。

 

自分で考えずに、「資料」を見て真似する

描くときは必ず「資料」を見ながら真似してください。

なぜなら、自分の曖昧な記憶やイメージを頼りに描くのは難易度が高いからです。

「あれ?ここってどうなってたっけ?」「意外と覚えてないぞ?」

悩んで時間をかけて描いたのに完成度はイマイチ。これじゃコスパが悪いです。

「資料」を見ながら真似すれば難易度はかなり下がります。

あなたが大好きな絵師が居るのなら、その絵師のイラストを真似して下さい。

あなたの真似するスキルが上達すればするほど

あなたのイラストはあなたの理想に近づきます。

その過程で、いろいろなイラストのテクニックが自然と身についてくるはずです。

 

真似して描く利点は他にもあります。

それは自分が上手くなったかどうかの判断が出来るという点です。

真似するからこそ「似ているか」「似ていないか」の判断ができます。

似ていない=下手

似ている=上手い

誰でも簡単に判断できます。

真似して描いても、最初はあまり似ないかもしれません。

でも繰り返し描くことで少しずつ似てくると思います。

それは確実に上手くなっているという証明です。

上手い絵師のイラストがそっくりに描ける=上手くなったと実感できるはずです。

 

上手くなりたいなら、必ず資料を見て真似して下さい。

 

「単純化」して「質」をセーブする

毎日描けるレベルまで「質」をセーブしましょう。

ベストは1日1枚。

そうすれば毎日描ける=毎日成長できます。

 

「質」をセーブするために効果的なのが「単純化」です。

その名の通り、とにかく単純に、シンプルにします。

①線を減らす

 デフォルメを意識してシルエットだけ描く、シワなどの線を減らす。

 パーツの形を簡略化するなどして、とにかく描く線を減らて早く描きます。

②範囲を減らす

 「目」や「髪」などパーツを限定する。

 「顔」や「バストアップ」など描くなど範囲を限定して早く描きます。

 

どの程度セーブするかは人によるので

自分の上達スピードに合わせて調整して良いと思います。 

逆に「1日で描ける」ならどこまでも「質」を上げても大丈夫です。

1日1枚を目安に「質」をセーブして下さい。

 

テンプレート化して「反復練習」のマンネリ対策をする

「反復練習」が大切でも、毎日同じイラストを描くのは飽きます。

だからといって、違うイラストを描くと「反復練習」になりません。

そこで有効な練習法が「テンプレート化」によるアレンジです。

なぜなら100%同じものを描くから飽きやすくなるわけです。

だから80%同じものを描いて、残り20%違うものを描きましょう。

これなら昨日とは違うイラストになるし

80%の部分は「反復練習」になるので上手くなっていきます。

自分が一番練習したい部分を「テンプレート化」してそれ以外を少しだけ変えましょう。

目の形を変える、髪形を変えるなどでアレンジしても良いし

笑った顔、怒った顔など表情を変えるなども良いと思います。

また、帽子を被せる、メガネをつけるなど装飾を増やす方法も良いですね。

 

マンネリ対策には「テンプレート化」によるアレンジが効果的です。

 

まとめ

簡単に確実に上手くなるには「反復練習」が効果的です。

  • 1日1枚描けば、毎日成長できる!
  • 「資料」を見て真似する
  • 「単純化」して「質」をセーブする
  • 「テンプレート化」してマンネリを防ぐ

「1日1枚、毎日描く」

単純ですが非常に効果的な練習法です。

1週間でも確実に効果が出ます。

1週間で7枚描けるので、1枚目と7枚目のイラストを見比べてみてください。

きっと上手くなっているはずですよ!

 

ぜひ参考にして実践してみてください。