絵師になる下準備

もうこれで失敗しない!模写は〇〇のバランスを意識して描けばOK!

模写をしたいけど、初心者は何を模写すれば良いの?

  • 好きな漫画を模写したけど難しすぎた
  • 下手な人間は何を模写すれば良いか知りたい。
  • 模写が「簡単」、「難しい」。それを選ぶ基準が知りたい。

イラスト上達には模写が大切だと知って

自分の本棚から漫画を取り出して模写したけど・・・

難しすぎて全然真似できてない!!これじゃ模写になってない!!

なんてことありませんか?

初心者には「模写」自体が既に難しい技術に感じてしまうもの。

「はい、これ見て模写してください」と言われても

簡単にできるものではないですよね。

「模写も出来ないから下手なんだよ!」と言いたくなります。

 

大切なのは自分の実力とイラストの難易度を比べることです。

実力が低いうちは難易度の低いイラストを模写しましょう。

実力がついてきたら難易度の高いイラストを模写できるようになります。

じゃあどうやってイラストの難易度を見分けるのか??

 

ちゃんと見分ける方法はあります。

 

今回はイラストの難易度を見分ける方法を紹介します。

これをやれば自分の実力にあったイラストを見つけることができるので

効率的に模写をして上達することができます。

ぜひ参考にして下さい。

 

「リアルとデフォルメのバランス」を意識しよう

リアルとデフォルメのバランスを理解すればイラストの難易度がわかります。

何故なら、イラストの難易度は

「線の数」「デザイン」「リアリティ」

で決まっているからです。

「線の数」は少ないほど早く描けて、多いほど時間がかかります。

「デザイン」は単純なほど簡単で、複雑なほど難しくなります。

「リアリティ」は無いほど誤魔化しやすくなり、あるほど誤魔化せなくなります。

 

リアルなイラストは

「線の数」が多く、「デザイン」が複雑で、「リアリティ」があります。

だから難しいんです。

デフォルメなイラストは

「線の数」が少なく、「デザイン」が単純で、「リアリティ」がそこまでありません。

だから簡単なんです。

つまり、初心者は難易度が低い

デフォルメのイラストを模写すると失敗しづらいと言うことですね。

もし「このイラスト模写できるかな・・・?」と不安になったら

もう少しだけデフォルメのイラストを選んでみてください。

感覚的にわかると思いますが「あ、これなら真似できそう」と思えるはずです。

 

リアルとデフォルメのバランスを意識して実力にあったイラストを模写してください。

 

「じゃあ自分の好きな絵師でも難しいなら諦めるしかないの?」

と思うかもしれません。

確かに、どうせなら好きな絵師を模写して上手くなりたいですよね。

簡単とはいえ、描きたくもないイラストを描いてても楽しくないです。

でも今の自分の実力では模写もまともに出来ないのは事実です。

とりあえず、それは受け止めましょう。

ではどうすれば良いか?

  • デフォルメなら簡単に描ける
  • リアルだと難しくて描けない

だったら、難しい部分をデフォルメにすれば簡単に描けるというこですね。

何もリアル100%、デフォルメ100%の両極端なイラストを描く必要はありません。

リアル40%デフォルメ60%でも良いし

リアル70%デフォルメ30%でも良いです。

自分の実力や納期などの状況に合わせて

難しく描いたり、簡単に描いたり調整すれば良いんです。

 

リアルとデフォルメのバランスさえ理解できれば

自分の実力に合わせて描き方を変えることが出来ます。

 

リアルとデフォルメのバランスを理解して

イラストの難易度をコントロールしましょう。

 

リアルのメリット・デメリット

リアルのメリットは「差別化」できること

リアルなイラストは

「線の数」が多く、「デザイン」が複雑で、「リアリティ」があります。

総じて、イラストの情報量が多くなります。

似たようなイラストでも、人によって表現したい部分、頑張りたい部分、画力が違います。

それを省略すること無く、全力で描くことで

どんどん他の人とは違うイラストになっていきます。

  • 「似ているけど違う」
  • 「このタッチ、この表現が好き」
  • 「これは〇〇さんが描いたってわかる」

これが個性であり、「差別化」です。

「誰でも描けるイラスト」から「あなたにしか描けないイラスト」になります。

個性を表現して、差別化が進むとあなたにファンがつくようになります。

あなたのイラストが好き

他の人には描けない

あなたのイラストをもっと見たい

これはイラストを描く人間が一番求めているものではないでしょうか?

 

リアルのデメリットは「作業時間の多さ」

情報量が多い分、描くのに時間がかかります。

線が多いから時間がかかるというのもありますが、

線やパースのズレ、歪みが目立つ、誤魔化せないために修正する時間が増えるのも大きい。

自分の実力に合わないリアルな表現をしていると更に時間がかかります。

これは初心者だけの問題ではありません。

中級者以上でも、普段から描いていないモノ、苦手なモノのクオリティは下がります。

しかし、練習したくても1枚描くのに時間がかかると挑戦しづらいですよね?

「練習のためだけに1週間、1ヶ月も使えない」と感じるのは当然です。

「それなら苦手なものは描けなくても良いや」となると

いつまで経っても同じイラストしか描けなくなってしまいます。

 

「イラストを完成させるスピード」は「成長スピード」に大きく関わります。

「反復練習」する為に必要な時間が多いわけですからね。

そういう点でリアルな表現は成長したい初心者にとってリスキーです。

 

デフォルメのメリット・デメリット

デフォルメのメリットは「とにかく簡単に描ける」

デフォルメは「線の数」が少なく、「デザイン」がシンプルで、「リアリティ」があまりないです。

つまり、簡単に、早く描けて、失敗があまり気にならないという

初心者には超嬉しい3要素がそろっています。最高です!

アンパンマンを難しいと言う人はあまりいないんじゃないでしょうか?

 

デフォルメのデメリットは「地味になる」

デフォルメは初心者でも簡単に描けるがゆえに

簡単に真似されてしまい、「あなただけのイラスト」という個性が表現し辛くなります。

また、デフォルメしすぎて特徴まで省略してしまうと

相手に「何のイラストを描いたのか」が伝わらなくなる場合もあります。

「え?これ何描いたの?」と思われてしまっては意味がありません。

「〇〇を描いたんじゃないか?」と勘違いされる場合もあります。

「MS」という略語を「マイクロソフト」と読む人もいれば

「モビルスーツ」と読む人もいるわけです。単純に「エムエス」と読む人もいるでしょう。

省略しすぎると相手に適切に伝わらない場面が出てくるので注意が必要です。

 

リアルとデフォルメのメリットだけ活用する

リアルとデフォルメのバランスを上手く利用すればメリットだけ得ることも出来ます。

リアルとデフォルメは

  1. 難易度
  2. 作業時間
  3. 差別化

でトレードオフの関係にあります。

デフォルメが簡単だから悪いとか、下手だとか

リアルが繊細だから良いとか、上手いとか

そんな単純に良し悪しが決まるものではありません。

どちらにもメリット、デメリットが存在します。

大切なのはそのメリット、デメリットをどうやって利用するかです。

上手く利用すればメリットだけを得ることができます。

 

▼自分が苦手なところ、特に興味な部分は・・・

デフォルメで描いて

  1. 難易度を下げて簡単に
  2. 時間をかけずに描く
  3. 差別化は諦める(そもそも興味ないからOK)

 

▼自分が得意、好きな部分は

リアルに描いて

  1. 難易度は上がるけど得意だから大丈夫
  2. 時間をかけてしっかりと仕上げる。
  3. 差別化して自分らしさを表現する。

 

すべてをデフォルメして描く、すべてをリアルに描く必要なんてありません。

自分に都合のいいように描いて大丈夫です。

自分が好きな絵師のイラストを見ても、好きな部分もあれば興味ない部分もあるんじゃないですか?

100%すべてを真似できないと気がすまない!なんてことはなかなか無いと思います。

好きな部分を頑張って、好きじゃない部分は手を抜きましょう。

そうすることで模写しても「目指している絵師」のコピーではなく

「似ているけど違う」あなただけのイラストになります。

リアルとデフォルメのバランスをコントロールして自分なりの模写をしてください。

 

まとめ

  • リアルとデフォルメのバランスを理解するとイラストの難易度がわかる
  • リアルになるほど難しく、時間がかかり、差別化しやすくなる
  • デフォルメになるほど簡単で、早く描けて、差別化しにくくなる
  • 好きな部分をリアルに、興味ない部分をデフォルメに描くのがオススメ

リアルとデフォルメのバランスが理解できると

「この程度のイラストなら模写できそうだな」と感覚的にわかるようになります。

また、今の自分に難しくても、必要な部分だけピックアップして

描き方をコントロールできるようにもなります。

これができると模写も楽しくなるし、上達スピードも格段に上がるはずです。

ぜひ意識してみてください。