お悩み相談

「模写してもバランスがぐちゃぐちゃになる」人にオススメの対策

先日、こんなお悩み相談がありました。

イラストを描き始めた初心者です。

トレースにある程度慣れてきたので模写に進んでみました。

しかし、各パーツの距離感とバランスがうまく取れず、ぐちゃぐちゃになってしまいます。

どうすればよいでしょうか。

ありがとうございます。

トレース→模写と段階を踏んで描いている点はとても良いと思います。

現状は「模写」の段階で困っているみたいですね。

「なんで見てるのに上手く描けないのか」

これが最大のポイントではないかと思います。

順番に解決していきましょう。

模写が上手くいかない原因を考えてみる

今回のケースで原因になるポイントは

「線と線、各パーツの距離が上手く測れない」

ことだと思います。

これは質問者さんも理解しているようですね。

目や髪などのパーツは似たように描けるけど、上手く配置することができない。

「ふくわらい」のように歪な顔になってしまうということだと思います。

なぜバランスが崩れるの?

→位置関係が悪いから?

→なぜ位置関係が悪いの?

→距離が測れないから?

といった感じで原因を予想してみました。

 

対策を考えてみる

原因から考えられる対策は

「距離を測れるように工夫する」ことです。

方眼紙のように”目盛り”があれば、模写する際に「目と目の距離は何マス分だ」と測りながら描くことができますよね?

でもいつも方眼紙に描けるわけじゃないですし、

どうせならまっさらなキャンバスに描きたいですよね?

そこで私がオススメする方法は

「画面を分割する」ことです。

模写が苦手な人は必見!線を2本引くだけで見違えるほど上手くなる! 模写してもバランスが崩れてしまう 模写しているのに形が歪になる イラストが紙(キャンバス)にうまく収...

簡単に説明すると

画面に十字に線を引いてそれを目印に模写する

ということです。

言葉では分かりにくいと思うので実際に描きながら解説します。

対策を実践してみる

出典:www.amazon.co.jp

今回は資料として「鬼滅の刃」に登場する富岡義勇を模写してみます。

描きたい部分、今回は「顔」に範囲を絞って描きます。

ここからがポイントです。

模写したい見本に十字の線を引いて見本を4つに分割します。

そして、自分が模写するところにも同じように分割したキャンバスを用意します。

見本を見ながら、どんどん模写していきましょう。

分割したことで、左上、右上、左下、右下の4つのエリアで

模写が上手くできているかどうかをチェックすることができます。

注意するポイントは分割した線とキャラクターの線の交錯する部分です。

赤く印をつけている部分ですね。

「線のどの部分がキャラクターのどの部分と交わるのか」

線を引くことで、模写がズレたときにすぐ気が付けるようになります。

 

微調整しながら清書すれば完成です。

100%完璧に模写できるわけではありませんが

人に「〇〇を描いたよ」と言えば

ちゃんと認識してもらえるレベルの模写はできるはずです。

線画だけなら5分程度で終わるのではないでしょうか?

距離を頭の中で測っている時間、迷っている時間

修正している時間が少ない分圧倒的に早く描けます。

今回は顔だけでしたが、全身も同じように描けるはずです。

 

まとめ

模写してバランスが崩れてしまって悩んでいる人は

「画面を分割して描く方法」を試してみてください。

バランスが崩れる原因が距離を正しく測れていない点にあるのなら

効果的にな対策になるはずです。

分割することで

  • 分割した線が目盛りの代わりをしてくれる
  • 分割したマスごとに模写の精度をチェックできる

かなり模写が簡単になるはずです。

模写が簡単になると早く描けるようになるので

無理なく「反復練習」もできるようになるはずです。

初心者でも簡単にできる!1週間で確実にイラストが上手くなる練習法 もっと簡単に確実に上手くなるコツってないの? もっと簡単に上手くなりたい でも難しい専門的な勉強や練...

 

何より描きたいイラストが描けるのは楽しいですよね。

まずは描くことを楽しんでください。

描くことが好きになれれば、いくらでも上手くなれます。

 

ぜひ試してみてください。