絵師になる下準備

あなただけにオススメする究極の参考資料を紹介!!

イラストの勉強は何を参考にすれば良いの?参考書?イラストサイト?

  • イラストを始めてみたけど、練習するには参考書を買ったほうが良いの?
  • イラストサイトの解説を参考にしたほうが良い?
  • 今なら動画の方がオススメ?

「勉強するためには何か教科書が必要なのではないか?」と考えるのは当然ですよね。

じゃあイラストを勉強するための教科書って何でしょうか?書店に並んでいる分厚い参考書?ピクシブなどに掲載されているイラストサイト講座?それともYoutubeの動画?

選択肢が多すぎて迷いますよね?

参考資料は本棚に並んでいる漫画でOK

あなたの本棚に並んでいる漫画で大丈夫です。

わざわざ分厚い参考書を買う必要も、有料講座に申し込む必要もありません。

何故なら、漫画には「あなたが描きたいイラスト」の答えが載っているからです。

何を描くための参考資料なのか

目的から整理しましょう。

あなたの目的は「自分が描きたいキャラクターを上手に描く」ことではないですか?

例えばワンピースの登場人物であるルフィやゾロ、ナミといった具体的なキャラクターのはずです。ところが、参考書や講座で紹介されている描き方は「人間の描き方」や「美少女の描き方」といった非常に曖昧なものです。

勉強して実践すれば、確かに「人間」や「美少女」は描けますが、それはルフィやゾロ、ナミといったキャラクターにはなりません。参考書や講座が間違っているわけでも、あなたの実力が足りないわけでもありません。

ただ「あなたの描きたいものの描き方が載っていない」それだけです。

あなたが描きたいものが載っているのは?

じゃあ、あながた描きたいものが載っているのは何ですか??

漫画のキャラクターを描きたいなら、漫画が一番多く載ってますよね?

そして、その漫画はどこにありますか?あなたの本棚に並んでいませんか??

大好きなキャラクターが載っている漫画や雑誌、設定資料集などは自然と集めているはず。それが貴重な参考資料です。「あなたが描きたいキャラクター」が載っている本です。

本棚は「好き」の映し鏡

あなたの本棚は、あなたの「好き」の映し鏡です。

数ある書籍の中から、あなた自身がピックアップして揃えた本が集まっています。当然そこにはあなたの好みが大なり小なり反映されています。好きでもない、読みたくも無い本をお金を払って買うはずが無いですよね?

つまり、自分がどんなイラストが好きなのか、どんなキャラクターをかわいいと思うのか、どんなキャラクターをカッコいいと思うのか、そのヒントが隠れています。

だから本棚に並んでいる漫画が一番の参考資料になるというわけです。 

漫画のメリット①楽しみながら勉強ができる

好きな漫画なら読んでて楽しいですよね。

参考書は読んでもあんまり楽しくないですよ。当たり前ですけど。

読んで楽しい、さらに資料にもなる!一石二鳥です。こんな便利な参考資料を使わない手は無いですよ。

問題は「漫画を読むのが楽しくなって描く手が止まってしまう」点でしょうか。大掃除してるときに漫画をガチ読みしてしまうアレです。資料のつもりで漫画を出してくると、いつの間にか読む方に集中しちゃって作業が進んでないとかよくあります。

漫画のメリット②サンプル数が圧倒的に多い

1ページにどれだけのキャラクターが登場するでしょうか。ページ数も考慮するとサンプル数は参考書や講座の比ではありません。圧倒的です。

参考書では正面や横顔など限られた角度、パターンのサンプルしか用意できません。読者が何を求めているかわからないので、これは仕方ないです。仕方ないんですが、参考書を眺めながら「自分が描きたいのはこれじゃないんだよなぁ」と感じることはよくあります。

漫画を読みながら「あ、この顔かわいい!」「この瞳の描き方は魅力的だな」と感じたらそのページをメモっておきましょう。

ページ数から考えたらいくらでも選びたい放題ですからね。

漫画のメリット③要らなくなったら売れる

不要になった漫画は売ることも出来ます。

自分のレベルに合わせて必要になる資料は変わってきます。年齢によって好みが変わることもあるだろうし、もっと高いレベルのイラストを描きたくなる可能性もあります。

色んな理由で今持っている資料が要らなくなった場合、あなたはどうしますか?捨てますよね?でも漫画だったら売ることが出来ます。

古本屋に売ってもいいし、メルカリなどで転売しても言いです。残念ですが参考書や資料集は市場価値が非常に低いです。ブックオフで買取額10円くらい。悲しいです・・・。

もしものときを考えると、漫画を資料にしていたほうがコスパが良いですよ。

 

まとめ

目的に対して効果的な手段を選ぶことが大切です。

  • 自分が描きたいキャラクターの資料は既に本棚にある。
  • 漫画なら読んでも楽しいし、資料にもなって一石二鳥。
  • サンプル数が圧倒的に多い。
  • 要らなくなったら売ることもできる。

コスパで考えたらこんなに良い参考資料は他にはありません。

ぜひ試してみてください。