お悩み相談

今日からできる!イラストを早く描く3つのコツ!

なんで自分はイラストを描くのが遅いんだろう?

今回の記事では

「今日からできる!スキル不要のイラストを早く描く3つのコツ」について紹介します。

  • 神絵師みたいな超美麗イラストを描いているわけじゃないのに時間がかかる
  • もっと早く完成させてSNSに投稿したい。
  • 時間がかかりすぎるとモチベーションが下がって完成しない

イラストを描くのが遅いといろいろと困りますよね?イラストの作業がなかなか進まないのに時間がけがどんどん過ぎていくのは辛いです。

たいてい「今日は描きたいぞ!」と思って描いているので、今日中に終わらないとテンション下がりますよね。今日描きたかったんですから。本当はテンションが高いまま描いて、そのままTwitterに投稿したいですよね?

なんとかイラストを描く時間を短くしたい!

と悩んでいる人にオススメの記事です。

今日からできる方法を3つ紹介します。

「早く描く」にはある程度訓練が必要そうで、今すぐやるのは無理そうですよね?

だから今回はスキル不要”で”今日からできる”方法を3つ紹介します。どうせなら手軽に時短したいですよね?

わたしもこの方法を使って毎日イラストを描いています。5分~10分程度で終わるので負担になりません。ガッツリ描きたいときは何時間もかけたりしますが、基本的に時間をコントロールして作業できていますよ。このイラストを描くにはだいたい何分くらい必要かな?と感覚的にわかるようになりました。

3つのコツを実践することで

  • 早く描けるので、描く時間を節約できます。
  • 今までより早くSNSに投稿できます。
  • 必要な時間が把握できるようになり、作業時間をコントロールできます。

逆に3つのコツを実践しないと今までみたいに描くのに時間がかかってしまいます。気がついたらもう寝る時間になっていて、Twitterへの投稿も見送らないといけません。また、完成までの時間が読めないので、まとまった時間がある休日にしか描けなくなることも。

趣味とはいえ時間は有効に使いたいですよね?

3つのコツは今日からできます!ぜひ実践してみてください!

「描いている時間」と「描いていない時間」がある

イラストの作業時間には「描いている時間」と「描いていない時間」があります。

「描いている時間」はそのままの意味でペンを使って線を描いたり、色を塗ったりしている時間です。完成したイラストに反映されている作業の時間ですね。

「描いていない時間」は資料を見たり、構図を考えたりといったペンを動かしていない時間です。これには悩んだり、迷っている時間や描き直しなどの修正する時間も含みます。その時間を使ってもイラストができあがっていかない時間のことです。

描くのが遅いと感じるのは「描いている時間」が長いのか「描いていない時間」が長いのかのどちらか。コレを意識すると答えが見えてくるはずです。

今回紹介する方法もこの2つの時間を意識しています。

①簡単に描く

できるだけ簡単に描いてください。

描くのが遅れるのは、今の自分の実力に対して描きたいものが難しすぎるからです。もう少しだけハードルを下げてみるのがオススメです。

最初から簡単なものを描く

例えばアンパンマンなどの幼児向けのキャラクターやイラストを描いてみてください。幼児向けのものはデフォルメされていて「線が少なく」「形がシンプル」です。

パッと見ても「これなら短い時間で描けそう」と思えるはずです。

 

簡単に描く工夫をする

自分でデフォルメする方法もあります。複雑で難しそう、時間がかかりそうな部分は、自分で「線を減らす」「シンプルな形で描く」ようにしてデフォルメするのがオススメです。なんだかサボっているように感じるかもしれませんが「デフォルメ」は立派なスキルです。必要なもの、必要で無いものを見分ける能力を鍛えることができるので、後々すごい助かりますよ。できるなら挑戦した方がお得です。

資料を用意する

「描いていない時間」のほとんどは悩んでいる時間です。

コップを持ったとき、指はどんな形をしてるんだろう?と悩んでいると、時間はあっという間に過ぎてしまいます。悩むくらいなら写真を撮って資料にした方がいいです。

「資料」を用意することで、悩む時間、考える時間は圧倒的に減ります。

車を描きたいなら車の資料を、漫画のキャラを描きたいならそのキャラの資料を用意して見ながら描けば早く、正確なイラストが描けます。

下手でもそのまま完成させる

修正する回数を減らすと、かなりの時短になります。

ペンは動かしているので、自分では「描いている時間」だと思っていても完成したイラストには修正前の線は残っていませんよね?修正した瞬間に、それまで描いていた作業は「描いていない時間」になってしまいます。「1回も修正しちゃダメ」というわけではないですが、修正する回数を意識して減らしてみてください。作業工程を録画すると気がつきますが、修正している時間はけっこう長いですよ。

そして、下手でもそのまま完成させる勇気を持ってください。

なんとかして「完璧なイラストを描きたい」と思う気持ちはとてもよくわかります。でも、今の自分にはそのイラストを描く実力がないから修正を繰り返すわけです。「今の自分の全力全開がこのイラストなんだ」と受け入れて、修正する回数を減らしてみてください。

”今”は描けないなら”将来”描けば良いんです。

ちょっと辛いですが、もし自分の作業時間が長くて困っているなら、修正回数を減らすことをオススメします。

まとめ

今すぐできる、スキル不要で早く描くコツは以下の3つ

  • 簡単に描く
  • 資料を用意する
  • 下手でもそのまま完成させる

まずはすぐできる方法から試してみてください。

たくさん描いていると単純に描くスピードが上がっていくので、1ヵ月後半年後はもっと早くかけているはずです。自分の成長に期待しましょう。